はいふり第2話感想、再び反撃!反乱艦晴風に明日はあるのか?

はいふり 改め ハイスクール・フリート

前回のあらすじ、

横須賀女子海洋学校に入学した
岬 明乃ちゃんが航洋艦晴風の艦長となり、

海洋実習に出港して
合流ポイントに急いでいる時に

突然教官艦さるしまから
攻撃されて反撃しちゃったら

反乱者にされちゃったと言うお話でした。

それでは、ハイスクール・フリート 第02話 追撃されてピンチ! の感想です。

ここから先はネタバレありですよ。

スポンサードリンク

あたし達は被害者だぁ~

横須賀女子海洋学校の校長室に届いた
航洋艦晴風の反乱の報告に思わず大きな声を

上げる校長先生の戸惑いから始まりました第二話ですが、

そりゃあ、そうですよね、と言うか
学生が反乱なんて今までには無かったと思うんですが、

兎も角、航行不能にしたはずの教官艦さるしまは沈没していたそうです。
但し艦長以下乗組員は全員無事との事ですので
人的被害が無くて良かったね明乃ちゃん。

後々の事を考えれば魚雷攻撃で反撃
しちゃんたんだからけが人も無いのは良かったですね~。

反乱艦にされたことに
激怒する水雷長の西崎芽依ちゃん、

でも、貴方が魚雷を撃つ時は
とても嬉しそうにしていませんでしたか?

私の記憶違いですかね・・・。

航海長の知床鈴ちゃんがぼそっと言った
でも、どうしてさるしまが沈んだんだろうのひと言から

ブリッジの女子高生クルー達が
喧々囂々と相見えてお喋りしています。

セーラー服姿ですから緊張感は薄めにしか見えませんが
お話の内容は重大な事を話しているはずなんですがね・・・。

記録員の納沙幸子ちゃんの一人芝居も
この局面を楽しんでいるとか思えませんね。

艦橋にセーラー服姿の女子高生は本当にシュールで萌えます。

そして、この光景を見ていた副長のましろちゃんが
大きく溜息を付くシーンもクールでGOODです。

面舵一杯前進一杯反転180度、逃げちゃいます!

副長のましろちゃんの昔語りで
日本の沿岸が沈んでいたのはメタンハイドレートの採掘で

地盤沈下を起こしていた事や
ブルーマーメイドの始まりの説明をしてくれます。

幼女のましろちゃんも可愛いですね。
あっ、アバンに出て来た校長先生ってひょっとして

ましろちゃんのお母さんですかい、
ならば自分の娘が乗っている実習船が反乱なんて
聞かされたらそりゃあ驚きますよね。

私はいつも運が悪いで回想は終わりますが
ひょっとして、ましろちゃんの口癖は
私はいつも運が悪いでしょうか、何か可哀想ですね。

でも、確かに初航海でこの状態で
副長をやっているんですからそうかも知れないですね。

艦内を廻って被害状況を確認していた
明乃艦長、乗組員にフレンドリーな言葉で話しかけるが
余り反応の良くない方もチラホラといらっしゃいます。

まあ、いきなり全員と仲良くはなれないよねうん、
と私自信に言い聞かせながらも頑張れ明乃ちゃんとエールを送ります。

ブリッジに呼び戻された艦長、
位置がバレないように無線封鎖をしていて

連絡は出来ませんし学校からも連絡無しなので
不安になるブリッジクルー達に

速やかに近くの港に寄港することを勧める
副長のましろちゃんに賛同する艦長明乃ちゃん、

いい塩梅に仲がこなれてきたのかな。

だと良いね、何となく明乃ちゃんを嫌っていると言うか、
小馬鹿にしている感じがしているもんね。

何よりクラス委員長とクラス副委員長何だから
早く打ち解けて欲しい・・・頑張れ。

JKらしい脳天気な会話で盛り上がっている所に
食事のメニューがカレーと分かり更に盛り上がる乗組員たち。

このアニメでも金曜日はカレーと決まっているみたいですね。
(旧日本海軍と海上自衛隊も金曜日の食事はカレーと決っていましたね)

とそこへ、今回のやられメカ、じゃない、正体不明の接近艦が・・・。

今回はドイツの艦みたいですが、
やはりさるしまと同じ様にいきなり攻撃をされる晴風。

どうする、明乃艦長と見ていたら、
今回は反撃せずに反転180度前進一杯と逃げの一手の晴風、

うん、良い判断だよね出来る事なら戦わないのが1番だよね。

やっぱり、反撃、するっきゃない!

攻撃をして来る独逸艦の諸元を読み上げる記録員の幸子ちゃん、
一発でも晴風に当たれば沈んでしまう威力があるそうです。

付近に着弾する度に大きく揺れる晴風、今週も大ピンチださあ、
どうすると見ていると黒煙を上げて煙幕を張り出しました、

晴風の黒煙の中に逃げ込むと言うか身を隠すといった戦法でしょうか?
どうやら、レーダー射撃は無いみたいですね、良かったね明乃ちゃん。

あれで攻撃されると一発でおジャンだもんね、
そうするとお話が続かないしね。

反転しながら黒煙の中に逃げ込む晴風、逃げまわっても
このままではけが人がでると呟く明乃艦長、

あれ、そのセリフ副長のましろちゃんが
第1話で言ってなかったかい?

いや、まぁ、それは置いといて、
まさか、まさか、又、反撃しちゃうんですか?

一度は反対してみたがやむを得ないと腹を括るましろちゃん、
砲弾自動装填装置の解除スイッチを入れる艦長と副長の2人。

今回も、反撃してしまいます。何かどんどん悪い方向へ
向かっていませんか、貴方達は・・・。

ですが、このままでは沈められるのを待つだけというのも事実です。
晴風が唯一優っている武器の足の速さも

未だに機関の修理が出来ていませんので
スピードが出ないのですからね・・・。

晴風の豆鉄砲で効果が得られるまで
ドイツ艦に近寄らなければいけませんが、

何と航海長の鈴ちゃんが怖いからヤダみたいな事を・・・。
それならばと見ないようにと鈴ちゃんの目を

スポンサードリンク

塞ぎながら笑う幸子ちゃん、
真面目にやれと起こる副委員長。

ええ、相変わらず緊張場面での
緊張感の無さがいい味出してくれてるよ

このアニメは。
船の揺れなどの作画(3D)も相変わらず綺麗だし

大量の女子高生クルーも可愛いし
毎回バトルシーンが弛めであるみたいだし、ホント楽しいですね。

涙目で舵輪を廻す航海長の鈴ちゃんが可愛いくて、吹き出しそうです。

戦闘中にドイツ艦から逃げ出したと思われる女の子を
海の仲間は家族だからとブレずに助けに行く明乃ちゃん

後を託されて独逸艦
アドミラル・シュペーに右砲撃戦を挑むましろちゃん、

今回2人はご活躍ですな~。
で、まぁドイツ艦を何とか撃退した晴風は

取舵いっぱい第4戦速ようそろ~で逃げます。
途中で明乃ちゃんと救助したドイツ人の女の子を
拾い上げてから全員でお待ちかねのカレーを美味しそうに食べます。

艦橋に至急呼び出しで戻った明乃ちゃんが
非常用通信回線から聞いた言葉は

武蔵のもえかちゃんからの救援要請・・・。

うう~、来週もたのしみだぁ~~。

まとめ

航行不能にしたはずのさるしまが沈没していた。

そして、自分たちが反乱したと思われているのに
気付いたクルー達ですが色々とゆる~い会話で

まったりと困っている所へ今回の敵船が接近。
次の相手はドイツのアドミラル・シュペーで、

速力と機動性以外はお話に成らない位の強敵ですが、
神業級の操艦と射撃で何とか逃げ切れた所へ

武蔵からのSOS通信が・・・。といったお話でした。

ヤッちゃったよ、また、反撃しちゃったよ、

この娘は・・・。

まぁ、でも反撃しなければ
どうなるかが判っているから仕方がないんだけどね・・・。

未だにどうして攻撃されているかが
分からないんですが(決して遅刻が原因では無いと思っています)、

これから徐々に明かされて行くんでしょうね。

ドイツの脱出者を救援に行くときの
晴風のボートが変形合体ロボみたいで凄く格好良かったです。

(制作司令部のお偉いさん)
原案:鈴木貴昭
シリーズ構成・脚本:吉田玲子
キャラクター原案:あっと
監督:信田ユウ
キャラクターデザイン・総作画監督:中村直人
色彩設計:池田ひとみ
背景:ヘッドワークス
音楽:小森茂生(F.M.F)
アニメーション制作:プロダクションアイムズ
CGグラフィック制作・撮影・編集:グラフィニカ

(乗組員の皆さん)
岬 明乃:夏川椎菜 宗谷ましろ:Lynn 立石志摩:古木のぞみ
西崎芽依:種﨑敦美 納沙幸子:黒瀬ゆうこ 知床 鈴:久保ユリカ
松永理都子:丸山有香 姫路果代子:田辺留依 万里小路 楓:中村 桜
小笠原 光:澤田美晴 武田美千留:菊地 瞳 日置順子:田中美海
八木 鶫:山下七海 宇田 慧:藤田 茜 野間マチコ:小林ゆう
勝田聡子:五月ちさと 山下秀子:大地 葉 内田まゆみ:宮島えみ
柳原麻侖:高森奈津美 黒木洋美:相川奈都姫 若狭麗緒:清水彩香
和住媛萌:新田ひより 青木百々:大橋歩夕 伊良子美甘:麻倉もも
伊勢桜良:福 沙奈恵 駿河留奈:小澤亜李 広田 空:金子彩花
知名もえか:雨宮 天 五十六:鶴岡 聡 ヴィルヘルミーナ:五十嵐裕美
杵崎あかね&ほまれ:伊藤かな恵 等松美海:大津愛理 鏑木美波:阿澄佳奈

スポンサードリンク

おすすめ記事

Menu

HOME

TOP