終末のイゼッタ3話感想、イゼッタの無茶苦茶な強さに衝撃!

終末のイゼッタ
前回の第2話のあらすじは

ゲルマニア帝国の輸送機から
ロングライフルに股がって脱出した

イゼッタとフィーネ姫様。

帝国軍の戦闘機と
空中戦を繰り広げ

魔法を使って
これを見事に撃破します。

撤退中のエイルシュタット公国軍と
運良く合流して姫様の治療を

する事が出来ました。

改めてフィーネは
イゼッタにお礼の言葉を伝えて

戦場から離れるように言いますが、

イゼッタからは
「姫様の国は私が守ります」と

言う言葉が返って来ました。

それでは

終末のイゼッタ 第03話 天翔る剣 Das Schwert des Himmels

の感想です。

スポンサードリンク

終末のイゼッタ 3話 3分で分かるストーリーと設定

エイルシュタット公国軍の
最後の戦車が撃破されて

国境付近の防衛ラインが崩壊します。

ゲルマニア帝国軍の
爆撃機からの爆撃と

戦車と歩兵の攻撃で
ケネンベルクの守備隊は

防衛ラインを下げながら
持ち堪えていますがジリ貧は隠せません。

フィーネに
「姫様の国は私が守ります」と

直訴するイゼッタですが、
フィーネはイゼッタの事を心配して取り合いません。

ゲルマニア帝国軍の攻撃に
いよいよケネンベルクから

ヴァルガンに撤退する
命令が出されますが

空には再び爆撃に来た
ゲルマニア帝国軍の爆撃機が迫ります。

爆撃体制に入った爆撃機を
イゼッタが独断で守備隊が集めていた

中世の騎士が使うような円錐形の
ランスで攻撃します。

数十本のランスを従えて
爆撃機と空中戦を始めました。

イゼッタの魔法で空を飛ぶランスは
百発百中で次々と爆撃機に突き刺さり

爆撃機を全滅させます。

次にイゼッタは
対戦車ライフルを無断で借りて

城にあるこれまた中世の騎士が
使う様なロングソードを

数十振りまた魔法で従えて
対戦車ライフルに股がり

ゲルマニア帝国軍の
戦車目掛けて飛びます。

敵戦車に近づいて素手で投げます、
戦車を投げ飛ばします。

飛ばされる戦車や横転させられる戦車に
ゲルマニア帝国軍はパニック状態で、

爆撃機全機、
戦車全車両を撃破されて一旦後退しました。

圧倒的な魔法力を見せて守備隊を守った
イゼッタはフィーネに勝手に戦った事を謝りますが

フィーネはイゼッタに感謝の言葉を掛けます。

イゼッタに抱えられて
前線の守備隊の前に降りた2人を見て

感極まりエイルシュタットの国歌を歌い
勝鬨を上げる守備隊の兵士たち。

ゲルマニア帝国と
エイルシュタット公国殿下に

白き魔女の事が伝えられて次回に続きます。

終末のイゼッタ 3話 気になる感想とネタバレ注意!

圧倒的な物量と強力な火力と
航空機で侵攻して来たゲルマニア帝国軍に

大苦戦をしているエイルシュタット公国軍ですが、

単純に軍事力だけでは
勝ち目は全く無さそうでしたね。

戦車などのレベル1つをとっても
太刀打ちできそうにはなりません。

それにエイルシュタットは
航空機も持って無さそうですし・・・?

この時代の戦闘では
制空権が勝負の決めてですよね。

非常にヤバイ状態の
エイルシュタット公国軍と

言う事が良く分かります。

白き魔女の力添えは
喉から手が出るほど欲しいはずですが

それでもイゼッタの為に
魔女であることは秘密にしたいと考えている

フィーネ姫様の友情が熱いですね。

そしてイゼッタも
魔女である事がバレても良いから

姫様を助けたいと思う友情が熱いです。

ケネンベルクで戦う守備隊が
全滅覚悟で市民を逃がす為の

足止めとなっている事を
聞き及んだイゼッタは遂に

独断で立ち上がりました。

ゲルマニア帝国軍の
爆撃機をランスで攻撃します。

攻撃すると言っても
ランスを投げつけるなんて言う

生易しいものではありません。

全長2、3m程の長さのランスの
一本に股がって周りに数十本のランスを

従えながら飛行しつつ
イゼッタが目視で狙った爆撃機に

空対空ミサイルのように
発射されて爆撃機に突き刺さり破壊します。

この時代にまだ存在しない
自動追尾型のミサイル(ランス)

で攻撃される
ゲルマニア帝国軍機が哀れに

思えるほどイゼッタの攻撃は
熾烈を極めていきます。

周りにランスを従えて飛ぶ
イゼッタがカッコ良いです。

爆撃機を全機撃墜すると
次にはランスの代わりに

武器にロングソードを従えて
戦車と一戦交えるイゼッタの

無双振りが凄いです。

戦車相手に素手で向かうと
戦車を持ち上げて投げます・・・。

どういう理論か分かりませんが
素手で戦車をひっくり返したり

投げ飛ばしたりして
敵の戦車を撃破します。

戦車の主砲弾も機銃掃射も
ロングソードを使ってバリアーを張り

跳ね返すイゼッタ。

スポンサードリンク

現代兵器対魔法攻撃の戦いを
見る事が出来るとは有り難いです。

それにしてもイゼッタの魔法攻撃は
正に圧倒的な威力でしたね~。

爆撃機を全機落とされて、
戦車を撃破されたゲルマニア帝国軍は

踏んだり蹴ったりです。

強力な魔法使いが1人いれば
戦争に勝てると言っても過言ではない程の

無茶苦茶な強さのイゼッタでした。

姫様も今回のイゼッタの活躍で
共に戦う事を決意したと思いますので、

さあ、次回からは反撃の狼煙を上げるのか・・・?

と言った所で次回に続きます。

まとめ

魔法使いイゼッタが
強い、滅茶苦茶、強い!!

現代兵器が次々と破壊されて
現代兵器の攻撃が盾を作られることで

通用しないなんて反則ですね。

ただ、今回は魔力切れ
みたいな事が無かったのも少し不思議なんですが、

まあその内に説明されるでしょう。

惚れ惚れする程の
圧巻の戦闘シーンを見せてくれました

イゼッタの次回の活躍も楽しみです。

ゲルマニア帝国軍が大パニック状態に
なっていましたが

初めて魔女と戦ったんですから
無理もない事ですが

気の毒になるぐらい
イゼッタが強すぎましたね。

ゲルマニア帝国軍の
ベルクマン少佐達も確実に

魔女の対抗策を取って来るはず
ですので今後の展開が楽しみです。

終末のイゼッタ TV版 制作スタッフ一覧&主要声優陣

Main Staff
監督:藤森雅也
シリーズ構成・脚本:吉野弘幸
キャラクター原案:BUNBUN
キャラクターデザイン・総作画監督:山下祐
軍事ディレクション:月刊PANZER・和泉貴志・柘植優介
CG制作:オレンジ
美術:GREEN
音響監督:長崎行男
音響制作:JTBエンタテインメント
音楽:未知瑠
音楽制作:フライングドッグ
アニメーション制作:亜細亜堂
製作:終末のイゼッタ製作委員会

Main Cast
イゼッタ:茜屋日海夏
フィーネ:早見沙織
ビアンカ:内田彩
ロッテ:東山奈央
エルヴィラ:花澤香菜
ベルクマン:諏訪部順一
ジーク:高橋広樹
リッケルト:花江夏樹
ハンス:KENN
バスラー:細谷佳正
ゲルツ:遊佐浩二
ヘルマン:置鮎龍太郎
トビアス:間島淳司
エリオット:平川大輔
ルドルフ:森川智之
オットー:山寺宏一

スポンサードリンク

おすすめ記事

Menu

HOME

TOP