終末のイゼッタ4話感想、姫様達に魔女の重大秘密を公開!大丈夫か?

終末のイゼッタ
前回の第3話のあらすじは

イゼッタ1人で
ゲルマニア帝国軍の

爆撃機と戦車隊を全滅させました。

圧倒的な魔女の力に
驚きのフィーネは

勝手に戦ったと謝るイゼッタに
逆に感謝の言葉を伝えます。

ゲルマニア帝国軍を退けて
勝鬨を上げる兵士の前に

ライフルに乗った
イゼッタとフィーネ姫が

ゆっくりと舞い降ります。

それでは、

終末のイゼッタ 第04話 魔女の秘密 Das Geheimnis der Hexe

の感想です。

スポンサードリンク

終末のイゼッタ 4話 3分で分かるストーリーと設定

エイルシュタット公国の
元首である大公殿下の父の死に

間に合わなかったフィーネが
亡骸にすがり付き号泣します。

それを見つめるイゼッタの心中は・・・。

一方ゲルマニア帝国の皇帝に
敗軍の将グロスコップから

イゼッタの事が
ライフルに股がった魔女として

報告されました。

その話を嬉しそうに
笑いながら受け入れる

皇帝オットーが不気味です。

フィーネは自分の即位式まで
大公殿下の崩御は伏せる事を

臣下に伝えて
改めてイゼッタに協力を要請しますが

イゼッタの魔法の
使い方が気になって訪ねます。

そこでイゼッタは
魔女の最重要秘密の事を

ケロッと皆の前で話しました。

それはある意味
両刃の剣でもあるのですが、

それでもイゼッタを
エイルシュタットを守る白き魔女として

世界に発表して
ゲルマニア帝国を牽制する作戦に出ます。

イゼッタのお婆ちゃんが言っていた
魔女の秘密が眠っている

旧都にある王城の地下で
魔女の力の源になる

大地を走る魔力の流れと言われる
レインラインの地図を見つけます。

フィーネ姫の即位式と
イゼッタの白き魔女のお披露目の当日に

イゼッタはフィーネに
エイルシュタットだけではなく

この戦争を終わらせて
全部の国を平和にして欲しいと

姫様に伝えて
フィーネは全力を尽くして

その願いに応える事を誓い

2人は手を取り合い会場に向かいました。

次回に続きます。

終末のイゼッタ 4話 気になる感想とネタバレ注意!

慕っていた父上の最後に
間に合わなかったフィーネ姫が

「大公殿下。長らくの御勤め、御苦労様でした」と

言葉を発してから
亡骸に抱き付いて号泣する姿に

もらい泣きです。

そしてゲルマニア帝国の皇帝は
どうやら魔女が伝説では無い事を

知っていた見たいですね。

ゲルマニア帝国にとっては
逃した魚は大きすぎた様です。

もっとも帝国では
イゼッタが魔女の力を

見せたかどうかは
分かりませんけどね。

先の大活躍で
さすがのイゼッタも

爆睡していたようです。
見事なベッドで目を覚ますと

近衛兵のビアンカと
お付のメイドのロッテに

色々と弄られてましたね。

今後の予定を
臣下と話しているフィーネ姫ですが

臣下が3人しかいないんですけど・・・。

少数精鋭にも程が
あるんではないかと思いますが

これから先に増えるんでしょうか?

あっ、
イゼッタが入るから4人か・・・でも少なすぎでしょ。

それはともかく
姫様はイゼッタの魔法力に

疑問があるそうで
単刀直入に聞きましたね。

これに対するイゼッタの答えは
魔法は大地にある魔力の流れ(レインライン)から

取るので
何処でも何時でもは使えない

と言う軍極秘レベルの情報を
皆の前で話しました。

これは・・・いくら何でも
正直すぎるというかこの子お馬鹿・・・?

と言いたくなるほどの衝撃発言でした。

昔なら話した方も聴いた方も
殺されたっていう話を皆の前で

平気で言うイゼッタちゃんがこの先心配です。

そこまで信頼するフィーネ姫と
昔何が合ったのかと思っていたら

この回で過去の話がありました。

イゼッタが子供の頃に
村人に殺されそうになっていた所を

フィーネが脇腹を刺されて
怪我をしながらも

かばってくれていたんですね。

子供ながらにも
イゼッタにとっては

フィーネは命の恩人と
分かっていたという事です。

だから、姫様の為なら
何でもしちゃいますという

気持ちが伝わります。

ですが
お婆ちゃんから言われた

しては行けない事や
言っては行けない事を

姫様の為にと
バンバンしているんだが

この先大丈夫なんだろうか
イゼッタちゃんの未来が不安です。

スポンサードリンク

今回のお話で
臣下や側近の紹介は終わったかな。

フィーネ姫様の
家庭教師のエルヴィラさんが

百合っぽくて魅力的すぎます。

即位式当日に
ある意味、共にヨーロッパに

平和をもたらそう的な
誓いをイゼッタにしたフィーネ姫

2人の果てしない戦いの始まりです。

以下次回です。

まとめ

イゼッタが姫様の為なら
何でもするわさと言う

想いの理由は
子供の頃に命を

助けられていたからなんですね。

でも此処まで一途に
思われているとは姫様も

思っていなかった
といった所でしょうか。

何はともあれ
エイルシュタット公国だけではなく

他の国の戦争も終わらせて
平和にしようと誓った2人の運命が

即位式と白き魔女のお披露目から

新たに動き出します。

余談ですがイゼッタが
着痩せするタイプだったとは・・・。

嬉しい誤算でした。

魔女のお披露目って
どんな事をするんだろう?

終末のイゼッタ TV版 制作スタッフ一覧&主要声優陣

Main Staff
監督:藤森雅也
シリーズ構成・脚本:吉野弘幸
キャラクター原案:BUNBUN
キャラクターデザイン・総作画監督:山下祐
軍事ディレクション:月刊PANZER・和泉貴志・柘植優介
CG制作:オレンジ
美術:GREEN
音響監督:長崎行男
音響制作:JTBエンタテインメント
音楽:未知瑠
音楽制作:フライングドッグ
アニメーション制作:亜細亜堂
製作:終末のイゼッタ製作委員会

Main Cast
イゼッタ:茜屋日海夏
フィーネ:早見沙織
ビアンカ:内田彩
ロッテ:東山奈央
エルヴィラ:花澤香菜
ベルクマン:諏訪部順一
ジーク:高橋広樹
リッケルト:花江夏樹
ハンス:KENN
バスラー:細谷佳正
ゲルツ:遊佐浩二
ヘルマン:置鮎龍太郎
トビアス:間島淳司
エリオット:平川大輔
ルドルフ:森川智之
オットー:山寺宏一

スポンサードリンク

おすすめ記事

Menu

HOME

TOP