終末のイゼッタ5話感想、魔女の力を見せ付けて帝国を牽制!

終末のイゼッタ
前回の第4話のあらすじは

フィーネ姫の父
大公殿下が崩御されました。

フィーネ姫の即位式と
イゼッタの白き魔女としてのお披露目を

一緒にして世界に発表する事に・・・

その前にイゼッタに魔法の事を尋ねると
イゼッタは魔女の最重要秘密である

地脈の力の事を明かしました。

魔女の力が
万能では無い事が分かりましたが

それでも白き魔女として
イゼッタに協力を要請するフィーネ姫、

そして戴冠式の日を迎えます・・・。

それでは、
終末のイゼッタ 第05話 いつわりの奇跡 Das falsche Wunder

の感想です。

スポンサードリンク

終末のイゼッタ 5話 3分で分かるストーリーと設定

フィーネ姫の戴冠式に
エイルシュタット公国の守護者

白き魔女として
国民と世界各国のメデイアに

紹介されるイゼッタ。

対戦車ライフルに股がり
白いドレス姿で式典会場上空を

飛行して派手な
デモンストレーションを始めます。

初めて目の前で空を飛ぶ
少女の姿をみた国民と

世界各国の記者から起こる感嘆の声、

イゼッタに抱き上げられた空中で
祖先の魂たる剣を掲げて

「今後エイルシュタットに仇なす国には白き魔女の鉄槌が下る」と

世界に宣言する
フィーネ姫の目論見は

まずまず成功したみたいです。

ゲルマニア帝国の皇帝オットーは
フィーネ姫の宣戦布告に楽しそうで

イゼッタを手に入れたいと公言しました。

白き魔女の威力を
世界に示す為の

マスコミへの公開戦争を
ブレストリヒで開始するイゼッタ。

地脈の力がある所では
やはり無敵の強さを誇ります。

改造されて乗りやすくなった
対戦車ライフルに股がって

前回使ったランスとソードで
戦車隊と戦闘機を破壊して

ゲルマニア帝国軍を
撤退させブレストリヒを1人で開放しました。

魔女の圧倒的な力が報道されますが
ゲルマニア帝国のベルクマンは

魔女の力は万能では無い事に
薄々感じていました。

ゲルマニア帝国も
侵攻を再開しますが

故意か偶然か地脈の無い
ベアル峠を攻めてきました。

イゼッタの替え玉を使って
峡谷に誘い込んだゲルマニア帝国軍の陸上部隊を

狙撃兵や爆薬を使った峡谷の崖の破壊で
如何にも魔女が力を使っているように

見せて攻撃殲滅しました。

ところが、替え玉では無く
イゼッタ本人が参加していた事を知った

シュナイダー将軍が
参謀役のジークに森の中で

「魔女の力を使えない彼女を何故使った」と
問い詰めた会話を

味方の兵士に聞かれてしまいました・・・。

次回に続きます。

終末のイゼッタ 5話 気になる感想とネタバレ注意!

戴冠式で堂々と
我が友白き魔女イゼッタと紹介していますが

余りにも馬鹿正直に
正体をさらけ出すのは

不味いんではないでしょうか、姫様・・・。

と思っていたら
ド派手な飛びまくるデモンストレーションで

現代に蘇った魔女を
世界各国のメデイアに

惜しげも無くお披露目しちゃいました。

最後にはイゼッタに
お姫様抱っこされて

「来るなら来いや~うちんとこのイゼッタが返り討ちにしたるわ~!」

的な発言を
ゲルマニア帝国目掛けて

発信しましたね。

ジークさんとエルヴィラさんの
作戦だと思いますが

ブレストリヒに
先制攻撃までして

イゼッタの力を
マスコミに見せ付け

報道して貰うのは
良い作戦ですね。

相変わらず地脈があれば
もう滅茶苦茶に強いんですから

現代に蘇った魔女のアピールは
バッチリ完璧です。

ただ、帝国の皇帝や
ベルクマンなどは早くも

魔女にも弱点がありそうだ
と考えていますので

そうは問屋がおろしません。

スパイなども送り込んでいる
みたいですのでヤバイですね。

皇帝本人がイゼッタを
手に入れたいと考えていますので

この先の展開では
捕虜になる可能性も否定できませんね。

それと言うのも
魔女の最重要秘密である

城の地下に在った
地下の地脈の流れを地図に落として

作戦会議上に
無造作に広げているんですから、

おいおい大丈夫かいそれ、
絶対誰かに盗まれる

パターンだろうと思いますし、

イゼッタの替え玉作戦終了後に
将軍がジークに国家最重要秘密ともなる

魔女の秘密を
森の中で大声で話すなどと

何と申しましょうか
危機意識に欠けるというか

ゆるゆるのセキュリティと
いいましょうか、

これではその内に
イゼッタの秘密はばれて

帝国に捕らえられて
しまいそうですね。

ブレストリヒの先制攻撃や
ベアル峠での親衛隊との連携攻撃などで

無敵の魔女イゼッタを
作り上げているのに

何処か抜けているような気がします。

スポンサードリンク

最も無敵すぎると
物語にはならないでしょうから、

このゆるゆる感は必要かもですが・・・。

さて、魔女の重大秘密が
ヨナス二等兵にもバレてしまいましたが

どうなる次回、楽しみです。

まとめ

隠すより
思いっきりイゼッタを、魔女を、

前面に出す作戦に出ました
エイルシュタット公国ですが

肝心の帝国の皇帝は
喜んでいる模様ですね。

オットー皇帝は
魔女イゼッタを欲しがっていますし

ベルクマンは
魔女の秘密を暴けそうですね。

最重要秘密の地脈の流れを
地図に落とすなんて

スパイに
持っていって下さいと

言ってるのと同じですし
机の上に広げっぱなしなんて

扱いが雑すぎです。

さらに将軍と
ジークの森の中での会話に至っては

幾ら森の中とは言え
大声で話す事ではありません。

味方とはいえ
兵士に聞かれてしまいました

どう責任を取る気なんでしょうか。

案外早くイゼッタが
ゲルマニア帝国に捕まってしまうかもですね。

対戦車ライフルが乗りやすい様に
色々と改造されていたのが受けました。

魔法さえ使えれば
相変わらずの無敵状態ですが

お話し的にもイゼッタの弱点を
攻めてくる方向に行くんでしょうかね・・・。

終末のイゼッタ TV版 制作スタッフ一覧&主要声優陣

Main Staff
監督:藤森雅也
シリーズ構成・脚本:吉野弘幸
キャラクター原案:BUNBUN
キャラクターデザイン・総作画監督:山下祐
軍事ディレクション:月刊PANZER・和泉貴志・柘植優介
CG制作:オレンジ
美術:GREEN
音響監督:長崎行男
音響制作:JTBエンタテインメント
音楽:未知瑠
音楽制作:フライングドッグ
アニメーション制作:亜細亜堂
製作:終末のイゼッタ製作委員会

Main Cast
イゼッタ:茜屋日海夏
フィーネ:早見沙織
ビアンカ:内田彩
ロッテ:東山奈央
エルヴィラ:花澤香菜
ベルクマン:諏訪部順一
ジーク:高橋広樹
リッケルト:花江夏樹
ハンス:KENN
バスラー:細谷佳正
ゲルツ:遊佐浩二
ヘルマン:置鮎龍太郎
トビアス:間島淳司
エリオット:平川大輔
ルドルフ:森川智之
オットー:山寺宏一

スポンサードリンク

おすすめ記事

Menu

HOME

TOP