くまみこ第6話感想、まちパニック、ビレッジバンガードの恐怖!

くまみこ、前回のお話は

響ちゃんとまちちゃんと
ナツちゃんの女子力前回の会話と

ナツとまちの裏稼業とも言える
仕事のお話のAパートと

良夫君が好きな響ちゃんに
ダメ出しを続ける空気読めないまちちゃんと

良夫君に切れるヤンキーの
お話のBパートでした。

それでは、

くまみこ 第六話 「先駆者の村」です。

ネタばれ有りですので充分に注意して下さいね。

スポンサードリンク

村興しの集会は神殿でやります!

第4話で出た例の村興しのお話がこの回で始まりました。

村興しの会議はまちちゃんのお社の本堂で
役場の係長(?)さんが仕切りながら進みます。

まちちゃんの何で此処で会議してるのと言う
素朴な疑問にナツの意見を聞きたいからだそうです。

まあ、ナツはこの村の神様、
いや、熊神様だもんね、大切にされるよね普通はね。

でも、そう言いながらも
意見を聞いたのはナツでは無くて響ちゃんにでした。

響ちゃんいわく休みの時に行く場所は
ビレッジバンガードでお買い物だそうです。

会議に出席しているのはまちちゃんを入れても
たったの7名・・・。

ホントにこの村の過疎は進みすぎてるぞ、
と突っ込みます。まあ、さすがに

村人全員では無いみたいですが
村民が少ない事は間違いありません。

若い人代表で話を聞いているのは
ヤンキーの響ちゃんだし、

後、会議に出席している若い女性は
役場のお姉さんとまちちゃんだけとは・・・。

過疎にも程があるんではないんですかい!

ねぇ、村長さんと言いたくなりましたが、

そういや村人とか役場の方々は見たことあるんだけど
村長さんをまだ見てないぞ・・・。

で、なんだかんだでまちちゃんが
そのビレッジバンガードへ行って

ピタゴラ装置のDVDを買って来ると言う
大変なミッションをナツから押し付けられます。

ビレッジバンガードは
電車やバスを乗り継いだ先にあるそうですので

まちちゃんには荷が重いと言うかほぼ自力では
無理という結論で、良夫君に車で連れて行ってもらいます。

行く前からもですが、
まちちゃんは田舎者と思われたくない思いが

強いみたいで行きたくなかったんですが
ナツ曰く風変わりな本屋さんの

ビレッジバンガードへ初めてのお使いです。
制服姿のまちちゃんがとっても可愛い!です。

まちちゃん意気消沈!ビレッジバンガードで大パニック?

大きなショッピングモールなどには
当然行ったことが無いまちちゃんですので

エスカレーターの乗り方すら知りません。
でも色々と可愛い商品を売っている

お店には興味深々でついつい、
テンションが上がりますがいざ、

ビレッジバンガードに着いて見ると
想像していたお店と違っていたみたいで、

入ることが出来ません。どころか、
無理に入らそうとした良夫君に

パニック状態のまちちゃんがボディーに一発!
良夫君、気の毒だけどそりゃあ貴方が悪いですよ・・。

唯でさえ、周りの視線が気になって
怯えていたんですからねぇ・・。

今回の涙目のまちちゃんが
可哀想だけど可愛いと感じているのは私だけでは無いはずだ。

良夫君に一発叩き込んで
逃げ出したまちちゃんですがパニックは頂点に・・・。

下りのエスカレーターを
必死で登ろうとするまちちゃんを

謎のイケメンが軽やかに助けます。
助けられたまちちゃん嬉し恥ずかし涙目で昇天です。

しかし、まちちゃんの
田舎者コンプレックスはちょっと重症ですね。

まだまだ、人の沢山いる所とか
お店には入れそうには無いですので心配ですな。

残念ながら任務失敗でDVDをゲット出来なかった
まちちゃんを情け容赦のない叱責が待っていました。

今回のナツは本気で怒っています。
DVD見たかったんだろうな・・・。

でも、良夫君のナツもいきなり過ぎたのが
悪いと諭され反省して謝るナツだけど、

まちちゃんは泣きじゃくったままで
許してくれません。遂には土下座までするんですが・・・。

クマの土下座なんて初めて見ましたよ。

まちとナツは仲良し小好し!

色んな事があったために知恵熱が出て寝込んだまちに
号泣しながら謝るナツだけどまちちゃんは取り合いません。

まあ、寝ているから何だけどね。
夜までヒグマの雄叫びが続きます。

ナツのまちちゃんを思う心がよく分かりますね。
ここまで好かれてみたいですねクマに。

スポンサードリンク

子供の頃のまちちゃんが子熊のナツを
看病する回想シーンがあるんですが、

作画さんグッジョブ!ですね。

まちちゃんがキュート過ぎて萌え死にしそうです。

お粥を作っている所へ
まちちゃんがやって来てナツに話しかけます。

もう怒ってないみたいですが
みんなが出来る事を出来ない私が悪いのと

殊勝な事を言いながら段々とナツに
八つ当たりを始めますが今回ばかりは謝りまくりのナツでした。

まちちゃんのDVで寝不足のナツ・・・。
だと、あの後一体、君達に何があった、

いや、何してたのですかい?私、気になります。

まとめ

役場の係長以下の会議で村興しのためにまちちゃんが
ビレッジバンガードへ行ってピタゴラ装置のDVDを

買って来ると言う無茶振りな事に何故かなってしまい
案の定お買い物は失敗して泣きじゃくるまちちゃんが
超可愛いAパートと

知恵熱を出して寝込んだまちちゃんへ
全力前回土下座モードで謝り続けるシュールなナツが

結局は八つ当たり気味に
ナツでウサを晴らすまちちゃんとの仲直りのBパートでした。

えっ、何だか訳が分からないよと言う方は第6話しっかりと見て下され。

今回はまちちゃんの泣き顔が
可愛くて堪りませんでした。

子供の頃もとってもキュートで
相変わらず高い作画レベルを続けてくれています。

作画スタッフさんありがとう。来週も見せて頂きますね。

しかし、タイトルの先駆者の村の意味も判らなかった上に、
次回のタイトルは「キカセ」・・・。キ・カ・セって何・・・、

理解不能ですがくまみこはまちが可愛ければ良いんです!

(創った方達)
原作:吉元ますめ
監督:松田清
脚本:ピエール杉浦・池谷雅夫
キャラクターデザイン・総作画監督:齊田博之
アニメーション制作:キネマシトラス・EMTスクエアード

(中の人)
雨宿 まち(あまやどり まち):日岡なつみ
クマ井 ナツ(クマい ナツ):安元洋貴
雨宿 良夫(あまやどり よしお):興津和幸
酒田 響(さかた ひびき):喜多村英梨

スポンサードリンク

おすすめ記事

Menu

HOME

TOP