このすば!2第4話感想、おかえりどMクルセイダーダクネス!

前回の

この素晴らしい世界に祝福を!2 第03話 「この迷宮の主に安らぎを!」

のあらすじは

ギルドの受付のルナさんから
特別にまわして貰った

ダンジョンの未開の
ルート探索に向かったカズマ達一行。

アンデッドモンスターに対して
アクアの素晴らしい活躍が繰り広げられました。

そしてダンジョンの中にいた
リッチーのキールと出会いますが・・・。

それでは

この素晴らしい世界に祝福を!2 第04話 「この貴族の令嬢に良縁を!」

の感想です。

スポンサードリンク

このすば! 2 第4話 3分で分かるストーリーと設定

やっと帰って来たダクネスを
慰めるアクア、カズマ、めぐみんの3人。

領主にあんな事や、
こんな事をされたと思い

ダクネスを気遣うが
そんな事はないと言い切るダクネス。

それよりも領主の息子と
お見合いをさせられそうだから

この話を壊して欲しいと
カズマ達に頼みます。

攻撃を当てられない
クルセイダーを合法的に

パーティから追い出す
チャンスだと思い

何とかお見合いを
成功させようと画策する

カズマは
勘の鋭いめぐみんを

セナからの
町の周囲に溢れているモンスター退治の

依頼に行かせてから
ダクネスのお屋敷に向かいます。

執事とメイドに化けた
カズマとアクアは

ララティーナ(ダクネス)お嬢様の
お付でバルターとの

見合いに望みますが
見合いを壊したいダクネスは

言いたい放題で
やりたい放題しますが

成功させたいカズマと
ことごとく対立します。

カズマと掛け合い
をするダクネスを見て

興味が出てきたという
バルターに剣の勝負を挑むダクネス。

攻撃を当てられないから
一方的に打たれるダクネスだが

どM気質には
むしろご褒美となり

参ったをする事は有りません。

遂には根負けした
バルターにカズマの鬼畜ぶりを見習えと

無茶振りをするダクネスと戦い
魔法攻撃で気絶させるカズマ。

目を覚ましたダクネスは
父とバルターに

お腹にはカズマの子供がいると
大嘘をつきますが

バルターはダクネスの
思いを汲んで見合いを断ります。

一件落着かと思った所に
セナが再びカズマを呼びに来た所で

次回に続きます。

このすば! 2 第四話 感想はこちら(ネタバレ注意!)

久しぶりの登場のダクネスだが
胸を開けた私服のドレス姿での帰還に

皆は直ぐには気が付きません・・・。

普通にしていれば
ナイスバディの物凄い美人さん何ですが

どM体質が全てをぶち壊していますね。

もっともそれが
ダクネスの魅力でもあるんですが・・・。

領主との間には
何もなかったと主張するダクネスが可愛いですね。

それにしても
このドサクサを利用して

ダクネスをパーティの仲間から
外そうとしたカズマは

本当にダクネスを
切る気何でしょうか?

気になりますね。

あの嫌らしさ満開の
領主の息子とは

とても思えないほど
素晴らしい性格をしていたバルターは

実はお見合いを
最初から断る気で来ていたそうです。

所がカズマとの中の良さを
見せ付けられた様な気がして

段々と興味が湧いてきて
付き合いたいと思ってしまいますが

ダクネスの気持ちを汲んで
自分から断った事にするなど

実に気の付く優しい青年貴族
なんですからダクネスは確実に

人生を誤ってしまいましたね・・・。

最もダクネス自体が
恥ずかしい性癖持ちですので

上手く行かないかも知れません。

好みのタイプの男性も
聞けばカズマそっくりの性格を

していましたので
本当はカズマの事が

ダクネスは好きなのかも知れませんね。

とにかくあの手この手を使っての
お見合い破断作戦は成功しました。

今回はダクネスが
お色気たっぷりな暴れっぷりをした

ダクネスのターン回でしたね。

次回は誰のターン回となるのか、
飛び込んできたセナの要件も気になりますね。

スポンサードリンク

次回も皆のハッチャケ振りを楽しみにしつつ
テレビの前で正座で待ってます。

まとめ

今回第四話のお話しは
正にダクネス回と言ってもいい

暴れっぷり、いや悶っぷりでしたね。

やっと帰って来たと思えば
新たなトラブルを持ち込んでいました。

カズマとの掛け合い漫才の様な
やり取りも自然な感じでまるで夫婦の様でしたね。

それと私服のドレス姿の
反則的な胸の開け振りは

サービス回だったんでしょうか・・・?

久しぶりにダクネスさんを堪能できました。

さてダクネスのお屋敷にまで
乗り込んできたセナさんの用事は

何なのでしょうか・・・いやな予感しかしませんが。

しばし待て次回ですね。

このすば! 第2期 制作スタッフ一覧&主要声優陣

スタッフ
原作:暁なつめ (株式会社KADOKAWA 角川スニーカー文庫刊)
原作イラスト:三嶋くろね
監督:金崎貴臣
シリーズ構成:上江洲誠
キャラクターデザイン:菊田幸一
美術監督:三宅昌和
色彩設計:吉田沙織
撮影監督:米澤寿
編集:木村佳史子
音響監督:岩浪美和
音響効果:小山恭正
録音:山口貴之
音響制作:HALF H・PSTUDIO
音楽:甲田雅人
音楽制作:日本コロムビア
アニメーション制作:スタジオディーン
製作:このすば2製作委員会

キャスト
カズマ:福島 潤
アクア:雨宮 天
めぐみん:高橋李依
ダクネス:茅野愛衣
ルナ:原紗友里
荒くれ者:稲田 徹
ウイズ:堀江由衣
ゆんゆん:豊崎愛生
クリス:諏訪彩花
ミツルギ:江口拓也
セナ:生天目仁美
バニル:西田雅一

スポンサードリンク

おすすめ記事

Menu

HOME

TOP