はいふり第1話感想、岬明乃の初航海は魚雷1本でお尋ね者!

はいふり 改め

ハイスクール・フリート 第01話 初航海でピンチ!

放映と同時にタイトルがはいふりから
ハイスクール・フリートに変わったそうですが

別にはいふりでも良いんじゃね
と思いつつとにかく第一話の感想です。

ネタバレありの注意宜しく。

アバンで少女2人が丘の上から見た海の上には、
うゎ、でっけぇ~、何これ、戦艦ですか?

うん、間違いない戦艦だ。
しかも、第2次世界大戦の日本海軍の戦艦大和だよね、この船って。

タイトルからして艦船が
関係しているとは思っていたけど、

軍艦ですか?

じゃあ、
ガルパンみたいなルール有り的なやつ、
それともガチで戦闘系のやつ、

どっちなんだろうと
思いながら取り敢えず続けて見るが、

戦艦のスタイルとディテールの描き込みは
及第点を上げようなどと偉そうに言ってみる。

スポンサードリンク

ブルーマーメイドに私はなる!

Aパート開始早々の
テロップに9年後の文字が・・・。

まぁ、うん、よくあるよねでも、
最初からは珍しいかななどと思いつつ見ていると、

入学式が始まりました
海洋学校みたいな学校でしょうか、

いやそのまま海洋学校でした。
横須賀女子海洋学校入学式とあります。

海洋学校だけど女子校なのですね、
まぁ、海の上で若い男女が一緒じゃそりゃあ
マズイよねなどと要らぬ心配をしてみたり。

今のところ艦船の描き込みはとても良いですね~。
まぁ、第一話だからね作画(3D)の気合は入っているよな。

で、お話はと言いますと横須賀女子海洋学校で
再会した冒頭の少女の内の一人
岬 明乃ちゃんがメインヒロインみたいです。

といっても出るは出るはこのアニメのキャラクター、
単純に30人以上は出てくるぞ(多分)。

もしかしてこの先にヒロインチェンジ
なんて事も有るかもしれないですが

取り敢えずはこの娘がヒロインで
間違いないだろうと思います。

副長になる宗谷ましろちゃんとの
朝のハプニングを経て実習船となる航洋艦晴風の艦長
(正式には航洋艦クラスでは艦長とは言わないらしい?)
となり出港する明乃ちゃん、

幼なじみの知名もえかちゃんは
何と戦艦武蔵の、
おっと違った超大型直接教育艦武蔵の艦長に・・・。

どうやらアニメでは直接、
戦艦とか駆逐艦などの名称は使わないみたいですね。

そりゃあ、そうだよね
何と言っても女子高生が乗る実習船なんだもんね・・・。
大砲とか機関銃とか丸見えだけどね(笑)。

航洋艦晴風のクルーは総勢31名(多分)、
全員が学生だけでって大丈夫か?

教官か先生が一緒に乗り込むよね普通は、
まぁ、それじゃあドラマにならないからなんだろうけど、

と思っていたら、大丈夫です、
あの超大物の五十六さんが乗り組んでくれました。

凄いですね、ネコだけど・・・。

ブリッジのクルーが全員女子高生というのは
とても華やかで良いですねそして賑やかそうだ。

何故、自分が艦長に・・・?
と思いながらも不安を隠して精一杯の笑顔で

クルーに挨拶をしてから先行する武蔵艦長の
もえかちゃんに手を振りながら航洋艦晴風も出港です。

右魚雷戦用意!

集合場所に大幅に遅刻している晴風、
何処に集合しているのかは不明ですが
武蔵と晴風の2隻が遅れた模様。

どうやら晴風の遅刻の理由は機関の故障みたいです、
修理をして集合場所に急いでいる晴風がいきなり砲撃を受けます。

古い船といってもレーダーは装備しているんだから
近づいて来る艦船の報告はしないとダメでしょう。

何、やってんのと言いたい所ですが
やはり初航海でのJKといった所かな。

取り敢えず回避行動を命令する艦長明乃ちゃん、
そして攻撃してきた船は教官が乗っている

さるしまと知ってパニクるクルー達、
しかも実弾での砲撃と分かり緊張はピークに達します。

でも、画面では女子高生が右往左往していますから
私から見たら緊張感は皆無ですよねぇ。

でも、戦闘シーンは中々のリアル感があります。
船の揺れやそれに伴い揺れる羅針盤などが臨場感を高めます。

作画中々良いですね。
当然各女の子のキャラクターも可愛いし萌えますね。

セーラー服での艦内勤務、正に水兵さんですな。

どうしても戦闘シーンになると最近では
見たことがある方ならばガルパンを思い出すでしょう。

戦車と軍艦の違いはありますが
ミリタリー系のアニメだから同じだろうと思っていました。

  が、

副長のましろちゃんが思わず言った
「このままだとけが人が出るぞ・・・」のセリフが・・・。

あれ、はいふりってガチ戦闘系アニメですかい?
ひょっとして反撃しちゃうの?

と見ていたら明乃ちゃんが
魚雷攻撃を告げて反撃しちゃったよ。

当然教官の乗ったさるしまは航行不能に。

まあ、さるしまの攻撃の至近弾で
次々と故障する晴風と乗組員を、仲間を、守るためには

そうなんだろうけども、
学生で初航海でのイレギュラーにも動ぜず

反撃の魚雷攻撃を出来る女子高生は
早々いないぜよと私思います。

明乃ちゃん貴方が艦長に選ばれた理由は
そこにあるように思いますよ。

まぁ、さるしまの乗員にも被害は出なかったようですが、
これからもガチで戦闘するならば痛々しいシーンは
極力避けて貰いたいですよね。

そういったシーンを見たくて
見ている訳では無いのですからね。

云われなくても
スタッフの皆さんは判っていると思いますが、

スポンサードリンク

シリアスさを損なわずに
上手にバランスを保ってくれれば

面白そうなアニメになってくれる感じがします。

出港のシーンや雷撃戦のシーンなどでの
艦長以下の命令シークエンスは
知らないので興味深々で見れますね。

海の仲間はみんな家族だよと言って憚らない明乃艦長、
でもおかげで航洋艦晴風は反乱艦になっちゃったよ・・・。

砲撃された理由をあれこれと詮索するクルーに、
明日はあるのか、無事に合流出来るのか(誰と)、
と私が心配しながら以下次回へ・・・。

余談ですが艦長の発音で語尾を下げて
呼んでいるのは海上保安庁(自衛隊?)の正式な呼び方なのかしらん?

まとめ

子供の頃の夢を実現する為に
横須賀女子海洋学校に入り

立派なブルーマーメイドになる為に、
海洋実習船、航洋艦晴風の艦長として乗り組んだ

岬 明乃ちゃんが少しずつ成長していく物語なのか?

海洋実習に出発したが
エンジントラブルなどで集合時間に間に合わなかった

航洋艦晴風が突然実弾で攻撃されたので
仲間と船を守るためにやむを得ず魚雷で反撃したら

反乱者にされちゃったお話の第一話でした。

シリアスな戦闘シーンと
女子高生とのギャップに萌えはあるのか?
(結構あったと私は思うぞ)

やはりガルパンとか
艦これなどの影響は受けているんでしょうね。

まあ、言ってみれば
ガルパンの艦船版みたいなお話になるんでしょうか、

ガルパンは女子高生が
戦車を操って戦う所に非現実感と萌を持ち込んで
ご存知の大ヒットになった訳ですが、

果たしてその流れに乗れるのか
乞うご期待といった所ですか・・・

何故、晴風が攻撃されたのか、
日本列島の沿岸が何故水没しているのかも
当然まだまだ謎です。

(制作司令部のお偉いさん)
原案:鈴木貴昭
シリーズ構成・脚本:吉田玲子
キャラクター原案:あっと
監督:信田ユウ
キャラクターデザイン・総作画監督:中村直人
色彩設計:池田ひとみ
背景:ヘッドワークス
音楽:小森茂生(F.M.F)
アニメーション制作:プロダクションアイムズ
CGグラフィック制作・撮影・編集:グラフィニカ

(乗組員の皆さん)
岬 明乃:夏川椎菜 宗谷ましろ:Lynn 立石志摩:古木のぞみ
西崎芽依:種﨑敦美 納沙幸子:黒瀬ゆうこ 知床 鈴:久保ユリカ
小笠原 光:澤田美晴 武田美千留:菊地 瞳 日置順子:田中美海
松永理都子:丸山有香 姫路果代子:田辺留依 万里小路 楓:中村 桜
勝田聡子:五月ちさと 山下秀子:大地 葉 内田まゆみ:宮島えみ
八木 鶫:山下七海 宇田 慧:藤田 茜 野間マチコ:小林ゆう
柳原麻侖:高森奈津美 黒木洋美:相川奈都姫 若狭麗緒:清水彩香
伊勢桜良:福 沙奈恵 駿河留奈:小澤亜李 広田 空:金子彩花
和住媛萌:新田ひより 青木百々:大橋歩夕 伊良子美甘:麻倉もも
杵崎あかね&ほまれ:伊藤かな恵 等松美海:大津愛理 鏑木美波:阿澄佳奈
知名もえか:雨宮 天 五十六:鶴岡 聡 ヴィルヘルミーナ:五十嵐裕美

スポンサードリンク

おすすめ記事

Menu

HOME

TOP